TOP > 治療実績紹介:Kさんの事例(バレーボール)

治療実績紹介:Kさんの事例(バレーボール)

院長の藤山です。
このブログでは当院での治療実績のご紹介もしていきたいと思っています^^

過去の治療実績はコチラからどうぞ^^

似たような症状を抱えている方にはぜひ内容をご確認いただき
当院にお越しいただければ幸いです。

【Kさんの事例】
<概要>
種目:バレーボール
競技歴:2年
頻度:週2日。1日2~3時間
症状 : 右肩痛
施術内容 : 鍼灸治療(約30分)×2回 / 整体×1回


<初診から完治までの流れ>
[初診]
バレーボールの練習で、アタックを打った時に右肩を痛める。
安静時には痛みはなく、アタックを打つ動作を行うと痛みがある。

[診断]
三角筋後部に限局した圧痛、軽い腫脹があり、三角筋後部繊維の軽い筋損傷と判断。

[治療](1回30分)
鍼灸治療

[痛みの緩和]
1回目 治療後は痛みが残るが、30%減少。
2回目 1週間後に来院。少し違和感があるが、痛みはなくなっていた。
3回目 整体により、全身調整をして関節の動きを良くする。

<予後をにらんだアドバイス>
2週間に1度の身体のメンテナンスと、胸椎の柔軟性をつけるためのエクササイズ
股関節ストレッチを指導。